マルバフジバカマの写真


マルバフジバカマ 


 マルバフジバカマの花

<o:p> </o:p>

マルバフジバカマ

2017年10月16日



中里緑地の中で、マルバフジバカマを見つけました。

 オオブタクサを植物調査のたびに毎週5月6月と除去してきましたが、調査も終わ
り、そのまま一部残してしまい、清瀬の自然を守る会で除去しました。その状況を見に
行ったところ林の一角に、真っ白く輝くように白い花が咲いているのを見つけたので
す。初めて見た花で、葉はフジバカマに似ているが、葉の大きさが、大きすぎ花の形も違
う。野草のように見え、早速、植物に詳しい方々に連絡。なんだろうということで、名前
がわかりませんでした。会員から、ある植物の名前の問い合わせがあり、植物図鑑で
確認するため見ていたところ、マルバフジバカマが掲載されていました。
其の後、10月9日 自然観察会の下見時に金山調節池を抜けたところの、農家の前の
畑の際に3から4株花を咲かせているのを見つけました。

マルバフジバカマ  キク科  北アメリカ原産

  昭和の初めに箱根で見つかり、その後かくちにひろまった。


庭で園芸作業をしていると・・・


   幼虫の死骸を食べる、ニホントカゲ



    ツマグロヒョウモンの幼虫   スミレの葉を全部食べてしまいました。 
    其の後、ほかのすみれのところへ移動してあげました。


ツマグロヒョウモンのメス

  ゴマを収穫して来たら、たくさんのカメムシが一緒についてきてしまい、庭jのあちこちにたくさん広がってしまいました。



2017年10月2日<o:p></o:p>

庭で夏の花を整理し、植木鉢をひっくり返し、中の幼虫を投げ出していると、ニホントカゲが出てきて、素早くかみついてきた。黙々と素早く動き出す、幼虫をつぶしてやると、待ってましたかのように、私の様子を見ながら、食べだす。場所を変え、作業をしているといつの間にか、ニホントカゲも移動し、えさを待っているので、再び、幼虫をつぶしてやると、しばらく様子を見て、食べに来た。<o:p></o:p>

6匹食べたところで、おなかがいっぱいになったのか、物置の下に姿を消した。<o:p></o:p>

清瀬小学校1年生の草遊び 作品その2






大きな葉っぱでおめんができました



こんなかわいいカンムリができました。女の子にはカンムリが人気があり、出来たカンムリををかぶってみんなで並んで記念撮影をしましたが、かわいいお顔がばっちりと写りそのかわいい姿を見せられないのが残念です。

<o:p> </o:p>

清瀬小学校1年生96名の草遊び授業


参加した清瀬の自然を守る会の会員  子供たちの創造力豊かなことに、いつも感動し、快く参加する方たちです。
     今回も前日から、たくさんの葉っぱやエノコログサ、木の実、草の実、草のツル、花を用意し、持った来てくれました。
     家から子供たちも葉っぱを持ってきましたが、たくさんの種類の葉っぱを見たり、触ったりし、大きな葉っぱには
     とても興味を持ったようでした。


プレイルームという大きな部屋で、好きな葉っぱを使い、自分だけの作品作り中です。



ウサギさんに、洋服を着せました。


いろいろ面白い作品が出来ましたが、写真にとる暇がありませんでした。うさぎさんのからだに、手足をつけたものをつくった子もいて、わたし達もびっくりしました。

2017922日 34時間目 <o:p></o:p>

    1年生 96名<o:p></o:p>

3クラスの担任の先生 2人のコーディネーター  <o:p></o:p>

    清瀬の自然を守る会会員 12名<o:p></o:p>

清瀬小学校より依頼があり1年生、生活科の授業を、清瀬の自然を守る会で、引き受けました。<o:p></o:p>

先生からの要望は草遊びがテーマでということでした。学校のコーディネーターのお二方と打ち合わせをし、<o:p></o:p>

3時間目は【葉っぱで、鳴らそう・色づいた桜の葉っぱでみみずくを作ろう・エノコログ  サでウサギを作ろう】<o:p></o:p>

4時間目は【笹舟を作って水に浮かべよう・お面や、いろいろの葉っぱで自分の好きなものを作ろう】を行いました。<o:p></o:p>

子供たちは、それぞれに、よく取り組んでいました。各クラスに先生と、会員4人が入ったので、できない子への目配りも十分でき、全員が、音を出すこともでき、笹舟も、ちょっと手伝ってもらった人もいたけれど、みんな水に浮かせることが出来ました。<o:p></o:p>

子供たちはもっと遊びたかったようでしたが、時間が迫り、心残りのようでした。<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

今年もルリタテハの幼虫を庭で発見


ルリタテハの幼虫


庭の園芸種のホトトギス


1週間留守にしていた間に、こんなに葉を食べていました。

2017年9月21日<o:p></o:p>

今年もルリタテハノの幼虫が、庭のホトトギスに3匹育っているのを発見。<o:p></o:p>

初めに気づいたのはのは2015年の秋でした。2015年は、毎日観察し、羽化までをブログで流しました。今年はツマグロヒョウモンの幼虫を観察しようと狙っているのですが、すみれを食べつくすと、あっという間に姿を消してしまい、今年は2度チャンスを逃がしてしまいました。菫は今また、葉っぱが丸坊主、3度目の正直を待っています。<o:p></o:p>

雑木林のボランティア体験参加の子供たち


笹刈り


木を切る




<o:p> </o:p>

雑木林の保全作業ボランティア体験の子供たち

2017年8月23日

御殿山保全地域で子供たちが林の保全作業のボランティア体験をしました。

毎週水曜日に行われ、今日は5人が参加しました。小学4年生2人、5年生2人、6年生
1人でした。

雑木林の話の後笹刈り、枯れ木の伐採と裁断、ジャガイモ堀りなどの体験をしまし
た。

作業の後、じゃがいもをおいしそうにたべていました。

みんなの感想は、「木を切るのが楽しかった。ジャガイモがおいしかった。全部楽し
かった。」

とのことでした。 お茶を飲みながら自然を守る会の会員の交流をしました。




キイロスズメの画像





 


キイロスズメ の成虫

<o:p> </o:p>

きいろすずめ

イモムシのキイロスズメを見ました。スズメガの仲間らしいのはわかりまし

たが名前がわからず、清瀬の自然を守る会の昆虫に詳しい会員さんに聞き、

キイロスズメの幼虫とわかりました。

さなぎになる時は地面に潜るそうです。大きさは70ミリほどありました。






プロフィール

やまゆり

Author:やまゆり
東京都清瀬市の自然と、みどりの保全活動を紹介しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR