FC2ブログ

県立伊香保森林公園にバードウォッチングに行ってきました。



アカゲラの餌付けを観察してきました。15分に1度餌を持ってきましたが、2度餌を運んだところで、私達に気づき、ひなが、しきりに餌を求めて泣いていたが、親鳥が巣に戻らないので、可愛そうなので、観察は諦め場を離れました。
キジの夫婦とヒナを観察していると、テリトリーを超えてきたキジがいたのか、凄い戦いで、、キジってこんなに飛べるのかとびっくりしました。森の中の小さな池で、鳥たちの水浴びの姿を見ていると、クロツグミ、オオルリ、キビタキ、コルリ、ジュウイチの鳴き声が、ひっきりなしに聞こえ、クロツグミのオス、メス、幼鳥、キビタキの鮮やかな雄と雌、クロツグミのオスメスと幼鳥、シジュウガラ、オオルリの鮮やかなブルーのとりたちが次々と訪れ水浴びをしに訪れるので、、日が暮れて、見得にくいのに、名残惜しく見ていました。


森はコアジサイが満開でした。やまおだまきもみごろでした。
伊香保の高原は、アヤメ、ネバリノギラン、ハコネウツギが盛りでした。



クサタチバナの花が、あちこちに咲きその白い品のいい花に久しぶりに出会いました。櫛形山に、あやめを見に行った時
クサタチバナを初めてみてから、もう20年が経っていました。

<o:p> </o:p>

清瀬の自然を守る会45周年記念行事 市内の樹木に樹名板取り付け



2020年6月18日
先ずは樹名板取り付けは松山緑地保全地域から手始めに、追々他の保全地域にも付けて行くことにしました。
清瀬の自然を守る会で、樹名板が出来上がり、今回はニスも塗って少しでも長持ちするようにしました。
18日に樹名板の取り付けをはじめましたが、前回の樹名板取り付けの経験者は誰も居なく、思わぬくせんでした。1日で終る予定が、半分しか取り付けられませんでした。
新しい樹名板を見ると綺麗で、気持ちいいです。散歩の人も目を向けてくれるでしょう。

写真は古い樹名板からの取替作業です。





<o:p> </o:p>

懐かしい昔からあるサボテンの花が咲きました



一年間世話してきたサボテンの花が見事に咲きました。と言っても、時々水をあげていただけで、
ほんとに手のかからない植物です。どんな花が咲くのか、蕾がついたときから、楽しみでした。あまりに見事な花に、
感動しました。写真を撮ったり、絵手紙に描いたりと、花を楽しみました。
母は花がとっても好きでいろいろな花を咲かせていましたが、このサボテンも昔から見覚えが有りましたが、花を見たのは
初めてで、母もこの花を見て、感動していたのかなと思いを馳せました。

<o:p> </o:p>

柳瀬川左岸、金山調節池の保全作業


   
柳瀬川の左岸の樹木や雑草の整備と除草


 
金山調節池の水路作りとキショウブ、セイダカアワダチソウなどの除去作業2日に渡って行いました。
コロナウイルスの治療に携わる医療の方々への感謝の気持が、泥にまみれて、作業をしている私達に重なったのか、散策の方から、珍しく、ご苦労さまの声がけが、多く聞かれました。



   
休憩も、離れて会話も少なく、持参の水分を静かに飲むという、ちょっとわびしい休憩でした。


   
わびしい休憩時間を、慰めるかのように、カルガモが、目の前を子連れで登場。思わず笑みがこぼれました。

コロナウイルスで、活動も自粛中で清瀬の事前を守る会の、元気な方の有志で小人数で行いました。
川岸も、金山調節池もかなりさっぱりしました。まだまだ、金山調節池の作業は7月まで、続きます。
きれいになった金山調節池や、柳瀬川での散策を楽しんでください。

<o:p> </o:p>

柳瀬川ビオトープと柳瀬川にある希少植物植生地の植物



ウツボグサ シソ科  別名 夏枯草(花穂が枯れて黒くなってもそのまま立っているので言われる)
  ウツボグサとの言われは花穂を矢を入れるうつぼに見立てた。
  久しぶりに柳瀬川に沿って、ビオトープまで、自転車を走らせました。
  途中土手にヒルザキツキミソウの群落が有りがいらいしゅでもありますが、とても綺麗でした。
 ビオトープを散策していると清瀬では珍しくなった、ウツボグサを見つけました。
 


  からたちの緑色の実がたくさんついていました。



希少植物の植生地ではクララが繁茂して花を咲かせていました。
クララ  マメ科
根汁をなめるとくらくらするので、クララ草と言われておりクララと名付けられた。
毒草で牛や馬など毒草を知っており、牧草地ではクララが残っている



クララのアップ写真

参考資料は山渓ハンデイ図鑑野に咲く花  山に咲く花

<o:p> </o:p>

ウツギの写真








<o:p> </o:p>

ウツギの花が満開

2020年5月30日



 ウツギ 別名卯の花) ウツギ属 アジサイ科   (ユキノシタ科に分類されて
いることもある)

  今、清瀬の畑地のあちこちで、隣地との畑の境の目印として植えられたウツギの
花が満開です。

  「卯の花の匂い垣根にホトトギス早も来鳴きて、忍び音もらす、夏は来ぬ」

  このウツギの花を見るとつい、歌が出てしまいます。

 小学校の帰り道、とっても植物の好きなおじいさんの家があり、そのお宅の垣根
に、卯の花が咲いていました。

 その少し離れたところに、八重の白い花も咲いていて、あとでサラサウツギと知り
ました。

 若い頃から、山歩きが好きで、5月末から、6月には、コゴメウツギ、マルバウツ
ギ、バイカウツギ、カナウツギ

 などに出会いました。 バイカウツギに出会ったときはしばし、その美しさに足が
止まりました。

ところで、清瀬でも雑木林で、ウツギやコゴメウツギ、垣根に植えられたサラサドウ
ダンもいま花盛りです。

散策の折に、見つけてみてください。


ボランティアで中里1丁目市有林の保全管理をしている清瀬びと



     案内中の清瀬びとさん


   
今は市有林に隣接している私有林に、黄色い花のニガナが満開で、ギンランと競演しています。


2020年5月17日<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

  中里一丁目市有林をボランテアで管理している清瀬びとの男性。<o:p></o:p>

  2月からのシュンラン観察会開場されてから、見学に訪れる人達に案内をしてくれています。<o:p></o:p>

  今は、キンラン、ギンラン、ササバギンランがたくさん咲いているので、案内をしています。<o:p></o:p>

  今年はコロナ騒ぎで、清瀬の雑木林には散策を楽しむ人たちが多く、私の家の近隣の老人たちは「優しいおじいさんが、<o:p></o:p>

丁寧に花を説明してくれて楽しかった」という言葉が聞かれ人気ものになっています。<o:p></o:p>

  16日も私が尋ねると写真のように、、母親を連れて見学に来ていた方を案内していました。<o:p></o:p>

  彼は、せせらぎ公園の世話も、せせらぎ公園のホタルの飼育もしています。<o:p></o:p>

  清瀬市の自然保護に尽力を尽くしています。<o:p></o:p>

  会うとお互い憎まれ口を聞いていますが、私はとても尊敬しています。<o:p></o:p>

けやき通りのカラスビシャク



カラスビシャク






=JA link=blue vlink=purple style='text-justify-trim:punctuation'>

2020年5月16日<o:p></o:p>

<o:p> </o:p>

カラスビシャク  サトイモ科  烏柄杓 別名ハンゲ<o:p></o:p>

花茎は20~40? <o:p></o:p>

    <o:p></o:p>

今年もけやき通りにカラスビシャクが姿を見せています。<o:p></o:p>

駅から北に進み、けやき通りと志木街道の交差を渡ってを40メールくらい進んだところから<o:p></o:p>

右側のけやき通りの植込みにカラスビシャクが続いて生えています。<o:p></o:p>

蛇が鎌首を持ち上げたような姿です。毎年、このあたりから姿を見せるので、ユニークな姿に<o:p></o:p>

魅せられています。<o:p></o:p>

柑橘類の花が咲きました。



2020年5月10日
 家庭菜園の脇に柑橘類が6本植えられています。毎年完熟したそれぞれの実を味わっておりましたが、
 今年は、それぞれどんな花が咲くのか撮影してみました。
この写真はあの甘く美味しいデコポンの花です。



     タンカンの花  ジュウシーで甘い



     甘夏の花



     温州みかんの花です。 
こうしてみると、皆同じような花で、区別はつきにくい。 
昨年は不作であまり食べられませんでしたが一昨年は大豊作で、みかんを始め全く買わずに済みました。ジャムもたくさん作りました。
今年は成り年なので、楽しみです。家庭菜園の作業をしていると、とっても良い香りが漂います。

<o:p> </o:p>

プロフィール

やまゆり

Author:やまゆり
清瀬の自然と清瀬の自然を守る会の活動及びヤマユリのスローライフの日々

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
活動案内(予告) (21)
入会案内 (2)
カタクリ情報2014 (13)
カタクリ情報2013 (4)
カタクリ情報2012 (10)
カタクリ情報2011 (13)
未分類 (560)
緑地保全活動 (9)
カタクリ情報2,015 (5)
清瀬の自然情報 (45)
観察会 (5)
環境教育 (7)
清瀬以外の自然 (8)
カタクリ情報 2016年 (7)
カタクリ情報 2017ねん (2)
ヤマユリのスローライフ (7)
2018年清瀬のカタクリ情報 (2)
カタクリ情報2018 (1)
探鳥会  (2)
2019カタクリ情報 (1)
カタクリ情報 2019 (2)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR